中堅デザイナーのおさらい

グラフィックデザイナー8年目。 しかし、会社に未来を見いだせず転職を決意。 転職先は気合いの入った広告代理店。 小さな制作会社で汚染された自分のデザインに不安を覚え、もう一度勉強しなおそうと決意!

    --.--.--(--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2011.05.27(Fri) 02:39

電動スクーター比較

110526a.jpg

現在郊外からの通勤だが、時間的に電車で通えるので、そうしている。
だが、転職先は終電を越える勤務もありそうなので、バイクでの通勤を考えている。

バイク選びの条件は、
①原付しか運転出来ないから原付。
②排気ガスをメチャ出す旧車もかっこいいが、昔本物志向の友達が言った
 「どういじっても結局は原付…」という言葉が未だに心に残っていて、
 バイクに対する「愛」より「足」という感覚が強いので、
 かっこいい旧車は止めて、「足」としてのランニングコストを重視!!
③購入金額15万以内がいいな

そんな感じでバイク探ししていると、電動スクーターの情報が入って来た。
高額であまり走りそうにないイメージがあったが、常用として出始めているようなのだ。

金額も性能もデザインも様々なので、軽く比較をしてみたいと思う。



20100901_EC-03_WHITE_3.jpg
YAMAHA【EC-03】
デザイン   :☆☆☆(いいよいいよ)
カラー    :2色
定価     :252,000円(アウトです)
1充電走行距離:43km(30km/h)
最高速度   :43Km/h
充電時間   :約6時間
充電方法   :本体から直接コンセントのみ(そりゃないぜ)
販売店    :日本全国





miletto_skyblue.jpg
Prozza【miletto】
デザイン   :☆☆
カラー    :12色(おー!!)
定価     :138,000円(セーフ)
充電器    :18,900円
1充電走行距離:35km〜45km
最高速度   :40Km/h
充電時間   :約2〜4時間(残量0の場合8時間)
充電方法   :バッテリー取外し&本体から直接(ナイス)
販売店    :45都道府県





miletto試乗の様子



110526b.jpg

TERRA MOTORS【SEED48・SEED60】
デザイン   :☆
カラー    :3色
定価     :99,800円・149,800円
充電器    :18,900円
1充電走行距離:35km
最高速度   :45km/h・55km/h
充電時間   :約2〜4時間(残量0の場合8時間)
充電方法   :バッテリー取外し&本体から直接(ナイス)
販売店    :1017店舗





er_green_f_s-1.jpg

TAJIMA MOTOR CORPORATION【e-runner ER50-A10】
デザイン   :☆☆☆
カラー    :3色
定価     :207,900円
充電器    :18,900円
1充電走行距離:35km
最高速度   :50km/h
充電時間   :約2〜3時間
充電方法   :バッテリー取外し&本体から直接(ナイス)
販売店    :6店舗(まだ発売してないし、店舗少な過ぎ)





こうやってみて見ると、やっぱりガソリンバイクに比べると
全体的に若干高額で、最高速度も遅い。
1充電走行距離も不安要素になる。

しかし、携帯電話感覚で充電して利用出来る手軽さはいい。
ガソリンスタンドに寄る手間もなければ、オイル交換もいらない。
郊外の住宅密集地に住んでいる者としては、
走行時の音が静かなのもかなりいい。

ウィキペディアでの電動スクーターの評価

【利点】
電力のコストはガソリンのおよそ10%で済む。
静粛である。
走行時に排気ガスを出さず、屋内でも利用出来る。
家庭で充電でき、燃料補給のためにガソリンスタンドへ行く必要がない。
エンジンオイル交換が不要な為、メンテナンスコストが低減される。
構造が単純なのでメンテナンスが楽である。
水力発電や原子力発電、風力発電等、化石燃料よりも資源的な制約の少ない多種多様なエネルギーを活用できる。
バッテリーを除けば構成部品の寿命が長い。
【欠点】
航続距離が短い。
再充電に時間がかかる。
町中に充電設備が発達していない。
静粛すぎて歩行者に気付かれにくい。
原付1種では最高出力が50ccエンジン(3kW程)に劣る機種が多く、上り坂に弱い。
価格が高い(電気がガソリンより安い分、相殺する余地はある)
小規模メーカーの製品が多く、大手メーカーほど販売網や保守体制が充実していない。
バッテリーは消耗部品であり、寿命などにより交換のメンテナンスコストが発生する。
wikipedia


今のところ【miletto】が有力だが、まだ決めかねている。

この記事を書いている間にもガソリンバイクだが、
【LEVITA 50】というバイクが気になりはじめた。
かっこ良くて低価格だが中国産というのがネックのバイクだ。

電動スクーターに関しては、
一度試乗でもしないと結論が下せないという今日の結論。

関連記事

« ドアを開けずに車にヒョイっと乗るヤツ|Top|このブログについて »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://osarai2011.blog.fc2.com/tb.php/2-40982169

電動スクーターmiletto試乗レビュー

先日このブログの電動スクーター比較の回で、第一候補にあげていた Prozza【miletto】が、家族と買い物に出かけたミスターマックスで たまたま販売してあったので、試乗させてもらった

Top

ホーム

MdN

Webデザインに優れたサイトのリンク集

DotsDomino


グラフィックデザイン

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ビリー

Author:ビリー
ビリーです。
めちゃ個人的なデザインのメモを書いていこうと思っています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。